結婚式まめ知識

結婚式は、忌み言葉に要注意!

img_blog?_忌み言葉に要注意!

結婚式など
おめでたい席では
使ってはいけない
または避けるべき言葉や
話題があるのは
ご存知ですよね。
今回は、そのような
「忌み言葉」について
お伝えしたいと思います。

忌み言葉とは?

「忌み言葉」とは
何となく縁起が悪い言葉だと
認識されているかと思います。
ですので、結婚式のような
おめでたい席では
忌み言葉は控えるようにと
教えられてたことでしょう。
正確に言うと忌み言葉を
結婚式などの席で
「使ってはいけない」と
いう禁止の言葉ではないですが
常識やマナーのない人だと
見られてしまうので
晴れのイベントなどでは
使わないように注意して
知っておきたいところです。
結構普段言いがちな言葉も
あったりするので
しっかりと注意に気を配って
おかないとぽろっと
出てしまうことがあるので
要注意ですね。
また、話し言葉以外に
書き言葉としても
忌み言葉を使用しません。
おめでとうのメッセージを
書く際もよく注意し
書いたら忌み言葉を
使っていないか
よく確認しておくと
安心ですね。

どんな時に注意するの?

忌み言葉を使うのが
好ましくない場面とは
どのような時でしょうか。
考えていきましょう。

先ほど述べた通り
話し言葉でも
書き言葉でも結婚式などの
縁起の良いおめでたい行事
の際は、忌み言葉を
使用しないことは
もちろんですが
おめでたいイベントに
関わる全ての場面において
使用しないのがマナーだと
考えておいて良いでしょう。

関係する場面全てというのは
具体的にはどういう場面か
結婚式の場合に絞って
見ていきましょう。

まずは、コンテンツです。
ここでは結婚式に関する
準備物や当日しようする物
であるとしましょう。
具体的には、席次表や
結婚式招待状の文面、
披露宴の際のスピーチ
余興、ビデオレター
プロフィールムービーなどです。
全てのコンテンツにおいて
忌み言葉は話したり
書いたりしません。

実際に、筆者が結婚式
アニバーサリービデオを
制作する時はタイトルや
テロップなどにも
句読点がないかを
チェックします。
句読点も区切り文字なので
縁起が悪いため
忌み言葉の一つです。

忌み言葉に関するマナーは
新郎新婦だけではなく
ゲスト全員のマナーです。
スピーチを頼まれた方や
コンテンツ制作を
依頼された方は特に
注意し、完成したら
何度もご自分で確認したり
または他の人に見てもらって
確認するとより安心です。

なぜ使わないの?

ではなぜ忌み言葉を
使わないように
配慮するべきなのかの
理由を確認しましょう。
忌み言葉を避けるべき
理由を知っておくと
どのような言葉が
忌み言葉になるかも
忘れにくいと思うので
その理由もしっかりと
覚えておきたいですね。

主な例を用いて
忌み言葉を使わない
理由を見ていきましょう。

・夫婦の「離別」
・「再」婚
このような言葉は字のごとく
不幸、不吉、死を連想させ
失礼な言葉になってしまうので
絶対に使用しません。

・「重ね」言葉
重ね言葉とは、
益々、日々、よくよく
同じ言葉の繰り返しの
表現のことです。
「重ねる」という意味が
この結婚が破綻する再婚を
連想させるので使用は避けます。
「結婚は一生に一度」の
幸せと考えるのが
通念なので注意です。

このような不吉な言葉は
結婚式のような
おめでたいイベントには
避けたいですよね。
忌み言葉は
「語呂合わせの意味合い」
から不吉な言葉を
避けるのが一般に広がり
避けられるようになったと
言われています。
若い年代の方はさほど
気にしなくなっていますが
日本固有の美徳ですから
把握しておきましょう。

基本的な忌み言葉

なぜ忌み言葉を避けるべきか
について理解していただけた
こととと思います。
それでは、次に
基本的な忌み言葉を
覚えておきましょう。
これさえ覚えておけば
きっとこの言葉は
避けた方がいいなと
感覚も掴めると思います。
忌み言葉を覚える際、
何を連想させるために
使ってはいけないかという
理由も一緒に頭に入れると
覚えやすいでしょう。

離別を連想させる言葉

別れる、切る、切れる
離れる、離婚、離縁
帰る、帰す、終わる
終える、終了、破れる
破る、割る、割れる
割く、去る、飽きる
捨てる、冷える、冷める
壊れる、壊す、消える
消す、忙しい、降りる
枯れる、嫌う、嫌い
薄い、疎遠、疎んじる
浅い、憂い、おしまい
返す、ほどける、裂ける
放す、手放す、失う
〜になって「しまった」
「やっと」春の訪れ
今度こそ

不幸、不吉、死を連想させる言葉

別れる、切る、切れる
離れる、離婚、離縁
終わる、終える、破れる
破る、割る、割れる
去る、痛い、痛み、
飽きる、捨てる、負ける
病む、病気、冷える、
冷める、倒れる、倒産
忙しい、忘れる、流れる
流す、壊れる、壊す
消える、消す、降りる
滅ぶ、滅びる、枯れる
死ぬ、亡くなる、四、4
九、9、焦る
敗れる、憂い、散る
悲しむ、無し、無くす
おしまい、醤油、塩
シクラメン、シネマ
ほどける、とんだこと
とんでもない、ご生存中
生きている頃、しめやかに
仏、葬式、褪せる
衰える、更に、さらに
僧、すり鉢、短い、逝く
涙、梨、猿、すり箱、
スルメ、忌み、悪い
次に、相次いで、相次ぎ
耐える、絶える、大変
浮く、迷う、追う
四苦八苦、七転八倒

再婚を連想させる言葉

戻る、戻す、繰り返す
繰り返し、再、再び
再度、再婚、再三
二度、二回、重ねて
重ね重ね、続く
引き続き、何度も
また、どんどん、
だんだん、みるみる
ますます、さまざま
いろいろ、いよいよ
日々、ときどき
ぜひぜひ、くれぐれも
重々、返すがえす

同じ意味を繰り返す重ね言葉

日々、くれぐれも
皆々様、かえすがえす
重々、いろいろ
またまた、なおまた
しばしば、次々
わざわざ、再三再四
たまたま、重ね重ね
いよいよ、再々

句読点

メッセージなどの
文章中の『、』や『。』
切れる、終わるの意味が
あるため使いません。
文章を読みやすくする
ためには句読点ではなく
代わりに『 』(スペース)
で文章の区切りを
工夫すると良いでしょう。
ここまでくると
結構細かい配慮が必要で
あることが分かりますね。

好ましくない話題

結婚式のような晴れの日は
言葉以外に、話す内容も
気をつけてください。
新郎新婦の個人的な
暴露話や過去の恋愛話、
根も葉もない噂話、
ゲスト自身の自慢話、
場にそぐわない下ネタ、
意見の対立を生む政治や
宗教の話は避けましょう。
また、雑な言葉や
きれいではない言葉も
空気が読めない人と
認定されてしまうので
晴れやかなおめでたい席には
ふさわしくありません。
明るい話題や
おめでとうの気持ちを
共有する内容ですと
会場全体の雰囲気までも
すてきな明るい印象に
なることでしょう。

晴れの日のおめでたい席で
空気が読めない人や
気配りができない人
たまにいらっしゃいますね。
そういう方をお見掛けした時は
誰もが心地よくありませんし
聞きたくもない話に
イライラしたりします。
結婚式はゲストの表情、
言葉、会話もコンテンツの
一つだと思ってください。
この気持ちがあれば
きっと大きな失敗は
しないで済むでしょう。

忌み言葉や結婚式に
ふさわしくない話題のせいで
新郎新婦をはじめ
たくさんの方のご迷惑
になってしまいます。
せっかくの大切な結婚式の
雰囲気が悪くなってしまう
ので、ふさしくない
言葉や話題、話し方は
しないようにしましょう。
いくらネタだったり
笑わせるつもりで
話したとしても
聞きたくない方が
いることを忘れないで
祝福する全ての人にとって
幸せな結婚式となるように
常識とマナーをもって
楽しく過ごしたいですね。

結婚式とは多くの
親族や関係者がいる
とてもフォーマルで
一生に一度n大切な機会です。
参加する全ての人の
品格が問われることでしょう。
新郎新婦のお二人と
ご家族はもちろん
大切なゲストの方に対して
決して失礼のないように
言葉選び一つ一つにも
お祝いの気持ちを込めて
気を配りながら
会場の雰囲気を
損なわないように
大人として正しい振る舞い
に気をつけましょう。
そのためにも
代表的な忌み言葉や
マナーを事前に勉強して
気をつけておけば安心です。

ブログトップ

Top