結婚式まめ知識

甘いだけじゃない、奥が深いウエディングケーキのお話

img_blog19_奥が深いウエディングケーキのお話

知っているようで
知らない意外と奥が深い
ウエディングケーキ
についてお話したいと思います。

ウエディングケーキとは?

ウエディングケーキとは
結婚式に欠かせない
二人の結婚を象徴する物ですよね。
披露宴で新郎新婦のお二人が
「初めての2人の共同作業」
として一緒にケーキに入力した後
ファーストバイトなどといった
良いシャッターチャンスで
パフォーマンスが楽しい
アイテムですね!

ウェディングケーキの大きさや
形、デザインは
個々の結婚式によって異なります。
一昔前の芸能人の結婚式だと
タワーのようにそびえたつ
何段にもなる豪華な
デコレーションの
ウェディングケーキが
話題になったものです。
現在では、新郎新婦のお二人の
好きなものやこだわりのものを
イメージして作られたり
二人の似顔絵ケーキだったりと
ハート型だったりと
より個性的なケーキで
二人の世界観を表現する
アイテムとなってきています。

ケーキカット後は
ゲストにデザートとして
ケーキを振る舞うスタイルが
主流となっています。

ウエディングケーキは
二人の結婚式のお祝いの象徴
でもあるわけですが
披露宴で大変人気な
会場のムードが一気に
高まるところですね。
ウエディングケーキ入刀の
演出がウエディングケーキの
一番の見せ場でしょう。

ケーキ入刀の際の
定番のアナウンス
「初めての2人の共同作業」
というフレーズは
とても耳に残りますよね。
ケーキ入刀は披露宴で
大変盛り上げる演出で
ウエディングケーキは
結婚式には欠かせない
アイテムとなっています。

入刀シーンのほか
新郎新婦があえて大きな
スプーンで食べさせ合うことで
新郎は食べ物に不自由しない
生活を約束し
新婦は美味しい家庭料理を
作っていきますという
誓いのパフォーマンスでも
あるのです。
新郎の口の周りを新婦が
やさしく拭いてあげるのも
微笑ましくて
見ているゲストも
うっとりと見入ってします瞬間です。
普段の仲の良さが二人の笑顔から
強く伝わってきますからね。

ウエディングケーキの歴史

さて、今回はウエディングケーキ
について、テーマとして
掘り下げてみたいと思います。
なぜいつどのように
ウエディングケーキの
風習は始まったのか
ご存知でしょうか。
実はウエディングケーキ
についてあまり詳しい事は
知らない方も多く
意外とそれほど深くは
知られていないようです。
ウェディングケーキは
単なる演出のためではなく
ウェディングケーキについて
調べてみると実は長い歴史と
深い意味があるのです。

ウェディングケーキの始まりは
諸説ありますが
有名な起源としては
古代ギリシャ時代にまで
さかのぼるそうです。
「結婚する=家族が繋がる」
という認識は、現代と同じですが
生き残りが厳しかった時代では
より一層結婚の意味合いが
強かったことでしょう。
そのため、結婚式の際に
一族の更なる繁栄を祈願し
花嫁の頭にビスケット
をまいて祝福したことが
起源いう説が有力だそうです。

なぜビスケットのかけら
なのか気になりますよね。
ビスケットの材料である
小麦は、当時の主食であり
とても大切な食糧でした。
豊作や子宝を願って
花嫁にその想いを
託したのでしょう。
古代から家族繁栄と幸せ
を願っていたのですね。
この意味合いは
現代の結婚を誓う二人と
同じ気持ちということに
とても驚きですね。
結婚式というものは
昔でも今でも人間にとって
とてもめでたい新しい時代への
橋渡しということなのでしょう。

そして時代は18世紀へと進み
欧米では豊かさ
実りの象徴である
ぶどうなどのフルーツを
ふんだんに使った
フルーツケーキが
結婚式で人気となったそうです。
日本ならお米だったことは
言わずとも想像できますね。

話は戻りますが
欧米のフルーツケーキが
実は現代のウエディングケーキ
の原型になったとされています。
始まりはビスケットだったのが
いつの間にか果物が入り
ケーキの形になって
いったのですね。
どんどん豪華になっていき
ゲストを楽しませて
きたことでしょう。

そのような歴史の背景から
英国ビクトリア女王が
ご成婚の際に登場した
3段重ねのゴージャスな
シュガーケーキは
当時とても話題になりました。
英国では、一般的に
ウエディングケーキと言えば
シュガーケーキが定番だったため
これには大衆も驚いたことでしょう。

シュガーケーキは
日本人には馴染みが
あまりないかと思いますので
シュガーケーキについて
少し説明したいと思います。
シュガーケーキとは
三段型になっており
ケーキの下段はゲストに
中段は当日欠席した人に
上段は夫婦の最初の子供用
として分けられています。
全ての人に幸せが
訪れますようにという
意味が込められています。
上段は結婚式後も
大切に保管しておき
第一子が生まれた日か
結婚記念日に食べる
風習があるのです。

日本のウェディングケーキ
は当日いただくのみで
一日限りのものですが
英国では保存がきく
シュガーケーキを
ウェディングケーキとし
第一子誕生日や結婚記念日
にいただくのは驚きです。
海外によって結婚式の
文化が異なりますので
比較してみると面白いですね。
いつかシュガーケーキが
日本でも流行るかも
しれませんね。

ケーキ入刀の歴史

ケーキ入刀はどのように
始まったのでしょうか。

これも諸説ありますが、
ひとつはギリシャ神話の
一説が由来とされています。
愛し合う若い恋人が
将来を誓い合い
一つのパンを分け合い
永遠の愛を誓ったお話です。

また、アメリカの地方の
風習が由来という説も。
新婦の母親がゲストに
ケーキを作り、娘の新婦が
カットしゲストに配って
いたということです。

当時アメリカで固い
シュガーケーキが流行し
固すぎて切り分け
できずにいた新婦に
新郎が手を差し伸べて
一緒にカットしたことが
「初めての共同作業」
になったのだというのです。
始まりを知ると
ウェディングケーキも
今までとは見方が
変わってくるでしょう。

日本で初めて
ウェディングケーキが
作られたのは、明治10年頃
という記録が残されており
一般的には昭和30年代に
結婚式で多く出されるように
なったそうです。
ケーキ入刀もその際も
日本に取り入れられました。
現在、披露宴に欠かせない
人気の演出となっていますが
明治時代からすでに
行われていたとは驚きです。

ファーストバイトの歴史

ファーストバイトは
まだ歴史は新しい演出ですが
ゲストを楽しませてくれます。

結婚というものは
時代や国が違えど
祝福し幸せを願う
大切なイベントなのですね。

新婦にまず新郎が
ウエディングケーキを
すくい上げて
食べさせてあげた後に
新婦が新婦に食べさせて
あげるという交互に
食べさせ合うという
演出なのですが
なぜここまで人気の
演出かというと
皆さまご存知の通り
新婦が新郎に食べさせる際
スコップのように
大きなスプーンが登場し
新婦が遠慮なく
大きくケーキを取り
食べさせ新郎が
一生懸命食べる姿が
会場全体の笑いを生みます。
さらに、口の周りについた
クリームを新婦が優しく
ナプキンで拭いてあげる
シーンも微笑ましいですね。
そんなファーストバイトは
見ているゲストも楽しい
演出の一つとなっています。

最近では、ファースト
バイト以外に、お母様が
新郎新婦に食べさせる
「ラストバイト」という
パフォーマンスもあります。
子育ての終わりと
育ててくれた感謝の気持ちを
表す演出として始まりました。
まだ歴史は浅いかもしれませんが
昨今結婚式アニバーサリービデオの
依頼で伺った際も拝見する機会が
とても増えている印象があります。

結婚式という人生の大舞台は
数時間という短い時間では
ありますが、だからこそ
一瞬一瞬を有意義な内容の濃い
イベントにしたいと思うでしょう。
結婚式の演出をどんどん
考えるのも大変ですが
そういう笑いあり
感動ありの演出がこれからも
増えていくと良いですね。

今回は、披露宴には欠かせない
ウエディングケーキについて
ご説明してきましたが
いかがでしたでしょうか。
改めてウエディングケーキの
歴史と起源、そして
その意味が分かると
ウエディングケーキというものが
より感慨深い結婚の象徴に
感じられますね。
あなたはどのような
ウエディングケーキにして
どんな演出を行いたいですか?
想像するだけで結婚式を
イメージするのが
楽しくなりますね。
またゲストでウェディングケーキを
前にする際も別の見方で
ぜひ新郎新婦のこだわりを
楽しんでみてください。

ブログトップ

Top