結婚式まめ知識

ウエディングベアが両親への結婚式記念品で人気なワケ

img_blog?_ウエディングベア

披露宴の終盤に
ご両親への記念品として
喜ばれる定番の一つ
となっている
ウエイトベアについて
お話しいたします。

皆さまもこれまで参列した
結婚式披露宴で
クライマックスの際に
両家ご両親への
記念品贈呈として
このウエイトベアを
プレゼントされている
シーンをご覧になった方も
多いのではないでしょうか。

ウエイトベアは
ご両親への子育て時代を
思い出させるアイテムです。
当時のご自身の体重を抱えてみて
その重みと目の前で
新しい家庭を育んでいく
大人になった我が子を見て
感動されるアイテムです。
ご両親はどのような気持ちで
新郎新婦の幸せな門出を
お祝いしてくれているかと
想像すると感極まることでしょう。
そんなウエイトベアについて
より知ることで
このウエイトベアの意味も
しっかりと受け止めることが
できるでしょう。
ご両親への記念品を
ウエイトベアにしようと
決めたカップルも
記念品選びで迷っている方も
ぜひ読んでいただけると
うれしいです。

ウエイトベアについて述べた後
実際にもらって喜ばれる
記念品についても
見ていきたいと思います。

ウエイトベアとは?

ウエイトベアとは何か
特に説明がなくても
その言葉の指すところを考えると
どのようなアイテムかは
きっと何とかご存知の方も
沢山いらっしゃるでしょう。

また、以前「花嫁アイテム」記事
でも少し触れましたが
復習しておきたいと思います。

クマを意味する英単語
「bear」には
クマ以外にも「耐える」
という動詞の意味も
含まれています。
英語によくある同じ綴りでも
複数の意味があるのですね。
名詞の「熊」ではなく
動詞の「耐える」で考えると
覚えやすいですね。
結婚生活を二人で
乗り越えるという
意味合いで結婚式には
クマをモチーフにした
アイテムが多いのです。
どんな困難も二人で
「耐えて」一緒に
乗り越えていくという
新郎新婦のお二人の
決意をあわせ持って
いるということでしょう。
まずこれがなぜ
クマが結婚式の象徴となる
動物、キャラクターと
なっているのかという理由です。

クマと言えば世界中で
愛されているのが
そう、テディベアですね。
年齢を問わず世界中で
愛されていて
お部屋や玄関に飾ったり
お好きな方なら
テディベアをコレクションに
してみたり、裁縫が得意な方は
手作りの世界に一つだけの
テディベアを作ったりと
とても愛されている
動物キャラクターです。
このテディベアを結婚式で
両親への記念品として
贈呈されるようになったの
ですが、このベアを作る際
このテディベアの重さを
新郎新婦の生まれた時の
体重と同じ重さに作ろうと
粋な計らいで始まったのでした。
小さなベアを抱き抱えると
ご両親に今では立派に成長された
新郎新婦の赤ちゃんの頃を
思い出させるということで
感動の記念品アイテムとして
ウェディングベアとして
人気が高まったのが始まりです。

今ではウエイトベア専門の
お店あるほど
結婚式のアイテムとしても
大変人気で
ご両親への記念品として
定番のアイテムとなりました。

何度も述べたように
ウエイトベアとは
花婿、花嫁が生まれた
当時の体重と同じ
重さで作られた
クマの人形ですが
これを贈ることで
これ位の重さ、大きさだったのに
立派に育ててくれて
ありがとうの気持ちを込め
育てくれた両親への
感謝の印として贈られます。
子育ての終了を意味するのですね。
受け取ったご両親も
こんなに小さかったのに
今は立派に家族を育むまでに
成長されたと
ウエイトベアの重さを伝って
実感されることでしょう。

ちなみに、このウエイトベアは
ウェディングベアとも
呼ばれることもあります。
ここでは、ウエイトベアで
統一してお話しします。

ウエイトベア込めた想い

上記で述べたように
ご両親はウエイトベアを
抱いた瞬間、初めて自分の
子供を抱き抱えた感動の瞬間
を思い出されることでしょう。
我が子を抱き締めて
親となったその後の人生を振り返り
走馬灯のように沢山の思い出が
心の中を巡ってくるのです。
自分の子供が立派に幸せに
育ってくれたことに
感動するのです。
まさにウエイトベアの
狙ったポイントはここですね。

特に花嫁のご両親は
花嫁が実家を出て嫁ぐ場合が
多いため、寂しい想いを
させることになります。
ご実家暮らしではなくても
娘さんの苗字が自分とは
変わってしまうのですから
気持ちは離れなくても
戸籍上では大きな変化になるので
寂しさもひとしおでしょう。
しかし、記念品としての
ウエイトベアを送ることで
ご自宅で可愛らしいベアを見ては
いつでも懐かしく思い出せますね。

このウエイトベアは
結婚式の記念品として
ウェディングドレスと
タキシードを着たベアや
和装婚をモチーフに
袴と白無垢姿のベアも
あるなど、様々な
タイプの子たちがいるので
表情もそうですが
全体の衣装も含めて
ぜひお気に入りの子を
見つけてみてください。
さすがにここは新婦の希望
やベアの好みを優先して
問題ないかと思います。
どちらかというと
テディベアは男性より
女性の方が好きですし
見つけるのも楽しんで
できるでしょう。

ウエイトベア以外の記念品

両親への結婚式の記念品
としてウエディングベアには
さまざまな意見があるようで
一概にウエイトベアが
とても喜ばれるとは
限らないのが現実のようです。
少し寂しい気がしますが
現実的に考えると
記念品には感動よりも
実用性を重視して
考えられるご両親も
いらっしゃるそうですので
シビアな意見も把握して
おきたいと思います。

実用性や現実的な意見として
・ベアを置く場所がない
・実用的ではない
など、ウエイトベアについて
賛否両論の意見もあります。

二人が決めた物なら
きっと何でも喜んでくれる
と思いますが、反対派の意見も
念のため頭に入れておきましょう。

とは言え、上記のような
声を知ってしまったために
どのような物をあげたらよいか
さらに悩んでしまう
カップルも多いそうです。
せっかくの贈り物
喜んでほしいという気持ちは
痛いほど分かりますからね。

迷って悩んでしまうと
ストレスになってしまいます。
準備する時間も限られている
ので、もし思い悩んだら
直接ご両親に率直な意見を
聞いてみて、ベアではなく
花束など、親御様の希望に
近い物を記念品にすると
お互い気持ち良く
良い関係を継続できる
ようになると思います。

商品券が良いと
リクエストするご両親も
いらっしゃったようです。
お別れではないので
それは普段の親孝行に
贈れば良いと思います。
その旨を伝えれば
何か形になる物や
披露宴で手渡すシーンに
相応しい記念品が
きっと見つかるでしょう。

記念品の選定で
一番大切なことは
何をあげるかではなく
素直に感動してもらえる
記念品を贈ることです。
二人の結婚式の日を
見るたびに思い出せる
そんな素敵な記念品と
なればうれしいですね。

筆者としては、自分の
生まれた当時の体重の
ベアを両親が抱いた時に
こんな小さかったのねと
思い出して感動してくれると
うれしいなと思います。

ウエイトベアのトレンド

最近人気のウエイトベア
について調べてみると
ウェディングドレスや白無垢姿
以外のウエイトベアもあります。

赤ちゃん時代を思い出させる
ようなロンパースを着た
赤ちゃんウエイトベアや
当時の母子手帳を入れる
ポーチを持ったベアも
見つかりました。

母子手帳だけではなく
手紙も入れる事ができ
とても良い記念品に
なりそうですね。

テディベアは世界共通
の可愛らしさですよね。
ほんわり優しい色で
手触りが優しいベア。

様々なタイプがあるので
お好みの子を探すのも
楽しいでしょう。
ご自分が子どものころに
持っていたベアと似た子に
出会えるかもしれません。

生まれた当時の重さの
ベアを抱くことで
こんなに小さかったのに
立派に成長して
幸せになってくれたことを
誇らしくうれしく
想っていただけるでしょう。

ブログトップ

Top