結婚式まめ知識

理想の結婚式と披露宴スタイル4つ

img_blog9_4つの披露宴スタイル

以前このブログで
挙式スタイルについての記事を
書かせていただきましたが
今回は、4つの披露宴のスタイル
について書きたいと思います。
【前記事】「4つの挙式スタイル
を合わせてご参考に
していただけると幸いです。

披露宴スタイルの種類

挙式スタイルも4つあり
近年スタイルの選択の自由度
や幅が大きくなっている
ことをとお伝えしましたが
披露宴のスタイルも同様に
自由な形式を選択すること
が可能となってきています。
披露宴は、ゲストのみなさま
にお二人の結婚をお祝いして
いただく会ですが
その祝福スタイルの選択肢が
増えて種類が多くなりました。
新郎新婦のお二人が
希望とする披露宴スタイルを
実現することができる時代
になったということです。

様々な披露宴のスタイルが
あり、個々にアレンジできる
ようにもなってきたので
正しい披露宴のスタイルに
正解はありません。
結婚式ごと、カップルごとに
披露宴でこだわりたいことが
当然異なります。
「どのスタイルが
自分たちにはベストな式か」
をお二人で考えて相談して
スタイルを確定させましょう。

では、披露宴のスタイルの
型をを一つ一つ紹介します。

ホテルウェディング

ホテルの会場を貸切って行う
この披露宴スタイルは
一番多い形式です。
一般的には、格式高い
ホテルが好まれ開催するため
招待する側もされる側も
サービス対応やくつろげる
雰囲気に対してとても
安心していただけるでしょう。
一度は宿泊してみたい
憧れのホテルを
選ばれることが多いです。
一生に一度の結婚式ですから
憧れのホテルで行いたいと
希望するカップルは多いです。

ホテルウェディングの
メリットは、やはり
その立地と良質なサービス
にあるでしょう。
ホテルスタッフは
接客のプロ中のプロで
厳しいサービス教育を
受けていますから
どなたでも快適に、そして
満足に過ごせるでしょう。
お二人も安心して
大切なゲストへおもてなしを
提供することができます。
もちろん、宿泊も可能なので
遠方からのゲストにも
速やかにン対応できます。
新郎新婦には結婚式前夜から
当日にかけて
スイートルームを
用意していただけるホテルも
ありますので、ぜひ調べて
みてください。
また、多様な広さの会場が
いくつもありますので
少人数の結婚式にも
ゲストの多い結婚式にも
柔軟に対応可能です。

ホテルは立地とサービス
に対して絶対的な安心感と
印象をどなたも持っています。
どの世代のゲストにも
またはどの国籍のお客様にも
非常に柔軟に接客して
いただけるでしょう。
居心地の良い好感を
ゲストに感じていただける
スタイルであるかと思います。

全国各地の主要都市から
地方都市までどこにでも
必ずホテルはありますし
結婚式を受け付けている
ホテルは多数あります。
いくつかホテルを調べると
希望の日取りも
見つけやすいでしょう。
ホテルウェディングが
本命ではない場合でも
利便性を重視する傾向の
ご両親にも好感ですので
一か所はぜひホテルで
候補を挙げておくのも
良いでしょう。

レストランウェディング

ゲストにとって結婚式の
楽しみの一つである
「お料理」にこだわりたい
お二人に最適な
ウェディングスタイル
であると思います。
レストランウェディングとは
レストランを貸切って
行う披露宴のスタイルです。
結婚式のための
特別メニューが用意されます。
食事やドリンクの好みの
リクエストにも対応可能で
アレルギー持ちの方や
お子様のためのドリンクから
ご年配者用に脂っこい料理を
避けてくれたり
テーブルセットに
お箸も用意していただけます。
メイン料理、スイーツ
ドリンクにまで
細やかにリクエストでき
お食事に満足していただける
ようにこだわれます。
ゲストの方に料理も
最高に良かった結婚式だった
と感じていただけるでしょう。
食事は後々ゲストの間で
話題にもなりやすいです。
メニューに対してもゲスト
への配慮を忘れないように
決定するとよいでしょう。

レストランウェディングは
ホテルウェディングよりも
堅苦しくないのも特徴です。
ゲストは緊張せずに
リラックスした雰囲気で
お二人の結婚式を
楽しんでいただけます。

また、披露宴を行った
レストランはその先ずっと
二人の特別なレストランに
なることでしょう。
結婚記念日といった
お二人の大切な記念日に
ロマンティックに
お祝いを重ねていけます。

注意すべき点は
あくまでレストランの造り
なので、待合室や着替室
受付の場所が難しい場合が
あることを念頭に置いて
プランを立てましょう。
バリアフリーではない
レストランの場合、
ご年配のゲストには
寛げない場合もあります。
小さなお子様連れの
ゲストがいらっしゃる場合は
ベビーベッドの用意も
ベビーカーを置くスペースも
ない場合も専用にないので
ゲストが快適に過ごせる
レストランであるかどうかを
しっかりと本契約する前に
隅々まで確認しましょう。

コンパクトな広さを
考えると少人数の
披露宴に良いでしょう。
費用もホテルより
おさえることができます。
食材やお酒にこだわり
すぎると材料費の関係で
費用が結構な額になる
場合があるので
注意するようにしましょう。
またレストランの通常の
営業時間で結婚式を
行うため、その分
貸切料金が高めに設定
されている場所が
通常ですので事前に
貸切料金を含めた
見積りをいただいて
検討しましょう。

お二人の思い出のレストラン
で結婚式を挙げたい場合など
レストランウェディングを
希望される場合は
設備や広さ、費用について
よく考えてから決めるように
することをおすすめします。

ハウスウェディング

「ハウスウェディング」という
言葉を聞いたことはありますか?
ハウスウェディングという
披露宴スタイルはまだ
日本では真新しいのでは
ないでしょうか。

日本では最近人気になって
きているトレンドで
ハウスウェディングの人気は
徐々に高まってきています。
認知度もこれからますます
高くなっていくでしょう。
ハウスウェディングは
欧米では定番となる
披露宴スタイルで
日本でも海外に敏感な
若い年代のカップルに
取り入れています。

ハウスウェディングとは
どのような披露宴スタイルか
詳しく見ていきましょう。

ハウスウェディングは
ゲストハウスを一軒丸ごと
貸切ってその家で披露宴を
行うスタイルを指します。

会場の大きさやルールに
あまりこだわらず
自由な演出やおもてなし
を大事にするスタイルと
なっているため
結婚式の印象として
アットホーム感と自由さが
大きな特徴です。
ゲストハウスを一軒丸々
貸し切って行われるため
優雅にのびのびとした
空間でゲストのみなさまに
くつろいでいただけます。
屋外プールや広いお庭が
あるなどゲストハウスの
も多くあります。
パーティー感が出せます。
ゲストハウスは確かに
海外で人気のスタイル
であることが頷けますね。
ゲストハウスは
羽をのばして寛ぎたい時に
訪れるイメージがあるので
そこへゲストをお招きし
結婚式を少し贅沢に
行いたいという希望に
適っているのです。
くつろげる優雅な空間で
日常を離れた場所で
披露宴を行おうと考え
られたのですね。

このハウスウェディングでは
二人の思い出写真などを
自由に飾ったり
プロの演者にお願いして
演出にこだわっても
楽しめるでしょう。
人気や知名度の高い
レストランにお料理の
ケータリングサービスを
お願いするのも良いですね。
和洋中も自由に選べます。
準備はほぼ自分たちで
行う必要があるので
用意は大変ですが
きっと思い出深い
披露宴になるでしょう。

リゾートウェディング

最近本当によく耳にする
「リゾートウェディング」。
その響きに憧れる
カップルも多いでしょう。
まるでロマンス映画の
主人公になったかのように
コバルトブルーの海、
真っ白なチャペル、
グリーンの芝生が
目の前に広がり
そこに愛する家族や
親しい友人から
フラワーシャワーを
受けるのですから
夢のようなシーンですね。

非日常を共有することで
両家が仲良くなる
きっかけにもなります。

海外やリゾート地ですと
費用が高そうと
敬遠されがちですが
家族と親しい友人に
限定することで
トータルの費用は
あまり変わらない
結果になることもあります。

移動の交通費と宿泊費は
確かにかかりますが
国内で多くのゲストを呼ぶ
にも費用はかかりますから
出席いただきたいゲストを
検討しましょう。

これだけ特徴の異なる
披露宴スタイルがあるので
どのスタイルがよいか
迷ってしまいそうですね。
ゲストのメンバーと
アクセス、費用を考慮し
ホテルウェディングや
結婚式場以外の
披露宴スタイルも
ぜひ検討してみて下さい。

ブログトップ

Top