結婚式準備Tips

結婚式の費用どれくらい必要?相場は?

img_blog12_結婚式の費用

結婚式を挙げるために
準備するものとして
大事なお金の話です。
結婚式の費用について
考えていきましょう。

結婚の約束をしてから
結婚式を行うと決まったら
気になるのが
結婚式に係る費用総額ですね。

一体いくらかかるのだろう。
平均どれくらいかかるの?
結婚式を挙げたいけど
どの程度準備すればよいのか。
とお金の話は気になりますよね。

そこで、今回は
結婚式費用の平均金額や
先に知っておくべきことを
見ていきましょう。

結婚式費用の平均金額

「リクルートブライダル総研
ゼクシィ結婚
トレンド調査2017首都圏」によると
結婚全体にかかる総費用の
平均金額は、約468万円。

結婚全体にかかる総費用とは
結納、顔合わせ、婚約指輪
結婚指輪、挙式、披露宴
新婚旅行、旅行お土産代
を合わせた費用です。

一日限りの結婚式に!?と
この驚きの金額に
頭を抱えるカップルは多いです。
付き合って結婚を意識した頃から
二人で少しずつ貯金していくよう
お互い協力する必要があります。

結婚を意識し節約モードになると
二人で住むことで家賃や光熱費を
減らすカップルは多いです。
節約だけではなく
結婚のマインドをキープしたり
これからの二人の未来について
ゆっくり話す時間を作りやすい
という他にもいくつもの
メリットがあります。
デートでの外食の回数も
減らすこともでき
自宅でゆっくり過ごす
ことができるのも良いですね。

ただ、デートらしいデートが
できなくなると節約が
辛いものになってしまい
結婚に対してマイナスの
イメージを持ってしまう
という可能性もあります。
全てを節約するのではなく
二人で結婚資金を貯める
という共通の目的意識を
継続できるよう
二人でルールを決めると
良いでしょう。

二人の貯金以外に
親によっては
結婚式費用を貯めてくれている
場合もあるようです。
しかしあてにばかりせず
二人の努力で結婚式という
大事なイベントを
叶えられるよう一緒に
努力することが
お互いの信頼関係を築く
きっかけになるでしょう。

ただ節約するしかないのか?
そうではありません。
何を叶えたくて
何を選ぶかでも
大きく費用は変わってきます。

例えば、
挙式のみか、婚約指輪のみか
結婚式場の規模や
ゲストの数、お色直しの回数、
新婚旅行の場所などによって
コストを抑えることも可能です。

二人の「結婚式」のイメージと
世間一般の結婚式の内容が
異なることもありますし
何よりこれをしなければいけない
なんていうルールもありません。
絶対に外せないと思わない項目や
オプションがあったら
省いて良いと思います。
その方が、貴重な数時間の
結婚式の時間を
有意義に過ごせますよ。

上記で結婚式の全体費用について
一般的な数字を述べましたが
「結婚式」を行う場合は
目安として450万円と
覚えておきましょう。

ご祝儀

親からの援助のほか
結婚式の費用の助け
となるのが
ゲストの方からの
ご祝儀です。

招待人数によりますが
ご祝儀の平均金額は
200万円前後なので
全体の費用468万円から
差し引くと残りの費用は
約268万円。
これが二人が負担する
平均的な費用です。

お祝いの気持ちを現実的な
数字で見るのも少々
気が引けるかもしれませんが
招待人数と結婚式のコストの
バランスをしっかりと
把握しておくことも大事です。
最近は少人数制の結婚式も多く
その場合はしっかりと二人で
結婚式の費用を貯金しておく
必要があるでしょう。

費用の変わりどころ

その金額を負担するのは
難しいと思うかもしれませんが
何を一番に考えるか
何を手放すか
ということで
費用は大きく変わってきます。
具体的に見ていきましょう。

結納

結納とは、婚約後二人の
両家が家族となることを祝い
贈り物を納めあう儀式です。
一般的には略式結納を
行うか、顔合わせ食事会を
代わりに行うかという
スタイルが多いですし
結納も顔合わせも行わない
カップルもいます。

この結納やお食事会において
一番大切なのは開催の意図です。
二人の結婚の強い意思と
家族になりたいという思いを
両家家族に対して
しっかりと伝える場です。
形式にこだわりすぎず
豪華にする必要はありません。
どのようなスタイルにしても
二人の結婚への意思と
両家をつなぐという思いを
堂々と披露し
両家とも心地よく
交流できるように配慮することが
大事だと思われます。

その結納にかかる費用の
平均金額は約200万円。
顔合わせ食事会は8万円です。

ただし、地域によって結納は
当たり前と考える家もあり
豪華に執り行う地方も
あるようです。
結納について両家の意思を
必ず確認しましょう。
二人だけで決めてしまわず
必ず両家で結納スタイルについて
相談するとよいでしょう。

婚約指輪

昭和の時代は、婚約指輪は
給料の三ヶ月分と
よく言われていましたが
現在はどうなのでしょう。

上記調査結果によると
婚約指輪の平均金額は
37.9万円。
2人分の結婚指輪の平均金額は
24.9万円となっています。

婚約指輪については
前年より0.2万円高くなり
結婚指輪については
前年より1.1万円安くなっています。

ところで、婚約指輪と
結婚指輪の違いを
ご存知でしょうか?
実はあまり知らない方も
多いようです。

婚約指輪は 婚約のしるしとして
男性から女性へ贈られる指輪です。
結婚指輪は 結婚の記念に
二人で購入する指輪です。
意味合いが異なるのですね。
費用が許せば両方を用意すると
よいでしょう。

婚約指輪は男性がサプライズで用意し
プロポーズの言葉と共に贈る
イメージがあるかと思いますが
プロポーズ後にデートで一緒に
購入しに行っても良いです。
というのも、指輪のデザインに
こだわりがある女性が7割という
アンケート結果もあります。
ですので、好みのデザインを
一緒に選んだ方が無
難な場合もあります。
一方で、結婚指輪は結婚後に
日常的に着ける指輪なので
着け心地を重視される事が多く
二人で日常的に着けられるよう
着け心地がよくシンプルな
デザインが好まれる場合が
大多数となっているようです。

婚約指輪は結婚式まで
左手の薬指にはめ
結婚式当日は右手の薬指に移します。
そして、挙式当日は結婚指輪を交換し
お互いの薬指にはめるのです。
結婚式が終わったら結婚指輪をはめた
薬指の上に婚約指輪をはめます。

費用についての記事なので
婚約指輪にかかる費用を
新婚旅行など他にあてようかと
考える方もいかと思いますが
婚約指輪は二人が結婚を約束した
証でありかけがえのない大切な
記念の品の一つです。
上記アンケート結果でも
婚約指輪の費用については
前年より0.2万円高くなっており
婚約指輪は大事に思われている
男性が増えたと考えると
女性もうれしい気持ちで
いっぱいになりますね。

結婚式の開催費用

結婚にかかる費用で
一番大きな割合を占めるのが
何といっても結婚式の費用です。
この結婚式の開催費用を抑えるのが
結婚費用全体を抑えるポイントです。

開催費用は数多くありますが
コストを抑えるという場合
どの項目を変更すれば
よいのでしょうか。
一生に一度ですので
費用のことばかりを考えては
記念に残る結婚式には
なりにくいですよね。
あくまでこの記事は
二人の理想の結婚式を叶える
ためのお話として考えて下さい。
では、どの項目を変更するか
見ていきましょう。

具体的に挙げると
・お色直しの回数
・新婦ドレス、新郎衣装の費用
・スタジオの前撮り写真プラン
・ブーケの費用
・ブライダルエステの費用
・ゲストへの記念品
・ペーパアイテムの費用
・料理、ドリンクのプラン
など、これらの費用を
見直すことで
コストを抑えることが
できるでしょう。
記念品やペーパーアイテムは
依頼せずに自分たちで
用意できる物もあります。
お色直しの回数を重視したいなら
一つ一つのドレスと衣装の
値段を抑えたり
逆にお色直しは一回にし
その分お気に入りの
ウェディングドレスと衣装で
結婚式にのぞむことも
できるからです。
スタジオの前撮り写真プランも
会場手配ではなく
別の前の日に気に入った
カメラマンや写真館に
ロケ撮影を依頼することも
選択肢の一つです。
ブライダルエステも
結婚が決まってから
女性は美容やダイエットに
努力を惜しまないでしょう。
本当にそのエステプランが
合っているのか
おすすめだからと申し込む
こともないように
毎日のお手入れに
こだわった方が
きっと素敵な花嫁姿を
披露することが
できるかもしれません。
ゲストのお食事とドリンクも
招待客の好みに合わせ
一度見直してみることも
大事かもしれません。
お料理を楽しんでいただきたい
というレストランウェディング
の場合は当てはまりませんよ。

二人が叶えたい結婚式において
何が重要かを話し合い
抑えられる費用を
見つけましょう。

新婚旅行の費用

新婚旅行の平均金額は
63.6万円という結果に。

割合は、100万円以上が18%が
最も多く、次点で50~60万円と
60~70万円が2位の結果でした。
お土産代の平均金額は9.7万円。
日数にして、平均6.9日の
新婚旅行が一般的なようです。

新婚旅行はどこへ行こうかと
考えるだけでワクワクしますね。
旅行好きの二人ならなおのこと。
男性も仕事が忙しくても
結婚という一生に一度の機会で
ある程度まとまったお休みを
取りやすいですから
もしかすると男性の方が
楽しみにしているかもですね。

忙しい日常を忘れて
二人きりで楽しめる時間。
せっかくなら
パッケージツアーではなく
自分たちだけで
プランを考えて
チケットや宿を手配すると
コストを抑えられるでしょう。
手配するのは大変ですが
一緒にワクワクしながらだと
苦痛には感じないはずです。

また、海外よりも国内旅行
の方がコストを抑えられます。
沖縄の離島や小笠原諸島など
青い海と温かい気候で
なかなか行く機会のない
場所もたくさんありますので
この機会に国内旅行に
目を向けてみても
よいのではないでしょうか。

平均費用の総額468万円から
お祝儀の平均金額を引くと
残りの費用は約268万円。
250万円と考えれば
二人で折半すると
一人当たり125万円。
それでもなかなか厳しいかも
しれませんが、婚活開始の頃から
コツコツ貯めて
おくと安心ですね。
一生に一度の大切な結婚式。
コストで悩むのではなく
どうすれば二人で乗り切れるか
そう考えて結婚式までの
毎日を過ごせると
きっと結婚式で二人の絆と
信頼関係がより一層
強く結ばれることと思います。

ブログトップ

Top