結婚式準備Tips

結婚式の受付係をお願いするときのマナー

img_blog16_結婚式の受付係をお願いするときのマナー

結婚式を挙げようと考えて
お友達やお知り合いの
力を借りなければならない
場面や役割があります。
今回のテーマとして
結婚式の受付係を
お願いするときのマナーについて
お伝えしたいと思います。

結婚式の受付係とう役割は
予想以上に大変で
責任のある役割なので
お願いされる方の気持ちを
配慮することが大切です。
会場担当プランナーと事前に
打ち合わせるため、他のゲストより
早く会場に来ていただく必要が
あるため、女性なら
早い時間帯に美容室に
行くことになりますし
午前中の結婚式だと
慌ただしくさせてしまいます。
来場する様々なゲストに
柔軟に対応する力も必要です。
また、ご祝儀を扱うので
金銭が絡むので
気を張らせてしまいますし
受付係を頼める方は
限られてしまうでしょう。

それでも自分の結婚式の為に
快く引き受けてもらって
滞りのないスムーズな受付を
お願いするためには
最初に依頼する際に
知っておくべきマナーが
ありますので、よく読んで
ご参考にしてください。

結婚式受付係の役割

まず、そもそも結婚式の受付係
とはどんなお仕事を任せるのか
を整理したいと思います。

一般的には挙式や披露宴に
ゲストが会場に到着した際
一番最初に立ち寄る場所が
この受付です。
時間を割いていただき
足を運んで下さった
大切なゲストを
準備中の新郎新婦の
二人に代わって
お迎えしてもらうのが
受付係における
非常に重要な役割となります。

挙式後に同会場内で
披露宴を実施する際
新郎新婦がお着換えの
時間になりますので
ゲストにとっては
一旦披露宴受付に
進み、待合スペースで
お待ちいただくことに
なります。
この待合スペースを
ご案内するのも
受付係の仕事です。
ウェディングツリーや
メッセージの記入などを
お願いし案内したり
会場内のお手洗いに誘導したり
と受付係の役割は多いです。
また、受付前の準備と
受付の時間帯は受付に
いてもらう必要があり
拘束時間が決められるいるので
ほかのゲストのように
お話をしたりといった
自由な時間が限られます。

受付係を引き受けた
人は結婚式が始まる前に
会場のスタッフから
事前の会場内と受付タスクの
説明を受けるために
一般のゲストよりも
一足先に会場に来ていただく
必要があるのです。
午前スタートの結婚式だと
早起きをして早朝から
ヘアセットや準備を
していただいた上で
会場に来る必要があるのです。
遠方からいらっしゃる方
にお願いしてしまうと
負担を強いてしまう
可能性があるので
一度確認してから
お願いするのがベストです。
東京住まいの私自身
東京から九州の当日早朝移動の
結婚式に招待された際
家族ぐるみで仲の良かった
幼馴染の親友の新婦から
受付係を依頼されましたが
大事な結婚式に招待して
くれて、かつ受付係という
大事な役割もお願いされて
信頼されている感じが
とても嬉しかったのを
覚えています。
信頼関係があるので
全く負担なく快く務めさせて
いただきましたよ!
依頼する相手との関係性にも
よると思いますので
事前に相談してみましょう。
親しいお友達であれば
依頼した際も
きっと快く対応してくれると
思いますのでそれとなく
お願いしてみて大丈夫でしょう。
久しぶりに会った
ウエディングドレスの友人は
とてもきれいで
受付係を任せてくれたことで
友情を再確認できたことを
今でも嬉しく思っています。

ほとんど多くのゲストは
開始前の10分程前になると
同時間帯に一気に来場
するパターンが多いです。
パラパラゆっくりと来る
ケースは少ないでしょう。
一気にドーンと大人数が
受付付近にやってきます。
そのように突然大多数の
ゲストが同じタイミングで
入ってくることが
想定されますから
受付を滞りなくスムーズに
済ませるのが大事です。
これも受付係の力に
かかっています。
柔軟にスピーディーに
そして親身に
受付係の仕事に
対応していただく
必要があるので
覚えておきましょう。

このように受付係の役割は
とても多くの気配りや
スピーディーで
臨機応変な対応が必要なので
それほど大変な役割であること
をしっかりと説明した上で
仕事は大変だし〇時までに
来てもらう必要があるけど
受付係をお願いできるかどうか
という流れで相手に失礼のない
依頼の仕方でお願いするように
心がけましょう。

受付係依頼時のマナー

受付係をご友人に依頼する際に
注意すべき点がありますので
よく読んで、失礼のないように
依頼しましょう。

・なるべく早く依頼しましょう
遅くとも2ヶ月~1ヶ月前までに
依頼しましょう。
飛行機や新幹線の予約は
出席すると決まったら
すぐにネットで予約される
方が多いので要注意です。
受付係をお願いしたい方には
招待状の発送以前に
結婚式の日程が決まり次第
早めにお願いするようにすると
相手も予定を立てやすいです。
またその人が仮に受付係が
できない場合でも
焦らなくてよいスケジュールで
決められるので良いですね。

・目上の方に結婚式の
受付係を依頼するのは
失礼に当たるので
ご友人の中から選定しましょう。

・お願いする受付係の人数は
会場の規模やゲストの数によって
異なりますので、予定する会場の
規模だと何人位がベストか決めます。
分からない場合は、会場の担当者に
これまでこれくらいの規模だと
受付係は何人位がベストかを
聞いてみましょう

受付係の人数が足りず
人手不足のために受付で
ゲストを待たせる時間が
できる限り短くなるように
人数を調整しましょう。

ゲストをご案内する係と
ご祝儀をお預かりする係で
役割分担するとスムーズです。
それぞれ両家から2名ずつ
計4名お願いするのが一般的
とされています。
受付係をお願いする方が
決まったら、どのような
受付のオペレーションが
良いかを会場プランナーに
尋ねてみるとよいでしょう。

受付係の適任者

人当たりが良く
笑顔でお迎えできる方

上記でも述べましたように
受付係は忙しい中
二人の結婚式のために
足を運んでくださった
大切なゲストを二人に代わって
お迎えする重要な役割です。
ゲストの方が気持ち良く
受付ができるように
配慮する気持ちと
柔らかい物腰と
明るく爽やかな笑顔で
老若男女を問わず
好感が持たれる方、
会う人を和ませるような
笑顔が素敵な方に
お願いすると良いでしょう。
受付の顔となるのですから
どなたに対しても
人あたりが良く
好印象な笑顔のある方
ですと安心ですね。

時間を守れる方

受付係は、当日早く
集合していただく必要が
あるとお伝えしましたね。
結婚式は時間にとても
シビアな部分があり
タイムスケジュールを
おしてしまうと
余裕がなくなってしまい
結婚式のオペレーションに
ダメージが大きく
せかせかした印象に
なってしまう事があります。

ですので、必ず時間を
きっちりと守っていただけ
そうな方を選びましょう。
遠方の方やお子様連れの
ゲストには負担がかかって
しまうかもしれませんので
確認して大丈夫かどうか
「思っていたよりこんな
早くからになるなんて」と
ならないように事前に
前もって伝えてから
お願いする方が
お互いにとっても安心です。

問題解決能力の高い方

結婚式の受付では
とっさの判断が求められる
場合があります。

お手洗いの場所を尋ねられたり
年配のゲストで視力や聴力
に少し戸惑っていられる
ゲストを見つけた場合のお手伝い、
迷子の子供が泣いてしまって
いる場合など、想定外の
事が起きてしまったとしても
スムーズに柔軟に対応をこなし
臨機応変に対応して
くれそうな方であれば
安心して任せられるでしょう。
受付係でとっさに
判断して行動が必要になる
ケースがあっても
次に並んでいる受付を
待っている人への配慮も
できる方が良いでしょう。
上記で述べたように
開始10分前にどどっと
受付に流れ込んでくる場合が
想定されますので
そのような際にも
動じずに凛とした対応が
可能な方を選定しましょう。

信頼のおける方

お祝儀などお金を扱う役割なので
金銭泥棒などのトラブルが
起こらぬように
信頼できる方を選びます。
両家代表として
新郎新婦のお二人の代わりに
受付に立っていただくのですから
責任感の強い方が安心です。

新郎新婦との関係や
つながりが強く
信頼がおける方に
お願いするのと良いでしょう。
責任を持って受付係を
務めてくださる方を
選びたいですね。

ゲストに顔が広い方

新郎側、新婦側のどちらの
受付に誘導するかがとっさに
判断できると受付がスムーズに
なるのでゲストの顔ぶれに
詳しい方が良いでしょう。
受付に知っている方がいれば
安心していただける点でも
交友関係が幅広い方ですと
受付係を任せやすいですね。
また、上記のご祝儀泥棒を
防ぐためにも、ゲストに
知り合いが多い方が
とても効果的です。

新郎新婦の友人を装って
近づいてくるケースが
ほとんどなので
知らない顔ぶれの人を
いち早く要チェックできる
人が好ましいですよね
受付係として顔が広く
すぐに不審者かどうかを
ジャッジできる方が
頼もしくてよいでしょう。

受付係の御礼

受付係は思った以上に
目配り気配りが大変な
役割であるのだと
理解していただけたと思います。

受付係の御礼

忙しい中、当日早くから
会場に来ていただき
その上、両家を代表して
大切なゲストを最初に
お迎えしてくれる
受付係の方には
お礼をするのがマナーと
なっています。
それでは、御礼のマナーと
注意点について見ていきましょう。

受付係の御礼のマナー

失礼のない金額であるか
交通費を用意するといった
心配りが大事です。

また、一番大事なのは
御礼の金額でもなく
何をあげるかでもありません。
感謝の気持ちを伝えることが
何よりも大切なのです。
御礼を手渡す際に
素直に相手にお礼の気持ちを
面と向かって話して
感謝の気持ちを伝えましょう。
直接御礼を渡せない場合も
あります。御礼は親御様が
渡すなどという場合もあります。
その場合は直接手渡しをすることが
できなくても、式が終わって
帰るまでの間に話す機会は
あると思うので必ず
直接御礼を伝えましょう。

御礼の際の注意点

受付係のお礼で
最も注意すべき点が
現金でお礼をしないことです。
え?と思う方もいるかも
しれませんが、
3,000円~5,000円の商品券や
金額相当の品物を贈ります。
遠方からでお車代を渡したい
場合はお車代とは別で
用意するのがベストです。

商品券の場合は
紅白結びきりご祝儀袋を使用。
表書きに御礼、寿と記し
お礼の気持ちを伝えます。
メッセージを添えても
丁寧な印象です。

親しいご友人であれば、
新婚旅行のおみやげを
少し豪華なものにしたり
式後落ち着いた頃に
新居に招くことも
感謝の気持ちが伝わる
お礼の方法です。

さて、今回は結婚式での
受付係の役割について
話してきました。
受付係にどのような事を
お願いすることになるのかを
知っていただけたでしょうか。
受付係とは、結婚式で
責任重大な役割であることを
理解していただきつつ
依頼される側の負担も
把握していただけたかと思います。
その上で、受付係に適切な方を
慎重に選んでいただければと思います。
終わった後は感謝の気持ちを
しっかりと伝えましょう。
きっとあなたの結婚式の後も
新郎新婦の大切な友人として
人生の友として長きにわたり
お付き合いできるでしょう。

ブログトップ

Top