結婚式準備Tips

芳名帳とゲストカードの違い、おすすめ作成方法

img_blog20_芳名帳とゲストカード

結婚式のゲストの
当日の出欠確認のために
必要な芳名帳とゲストカード
についてお話しします。
芳名帳やゲストカードを
使用すると、挙式後に
スムーズに出席してくれた方
にご連絡できるツールです。
お二人をお祝いしてくれた方の
足跡として残すことができます。
結婚式の記念となる
アイテムでもあるので
しっかりと用意しましょう。

以下より、芳名帳とゲストカードの
違いや、作成方法、準備について
ご説明していきたいと思います。

芳名帳は、結婚式に出席した際に
受付で記入するものですね。
受付係の方にご祝儀を
手渡す際に名前と住所を書き
あとで新郎新婦が
ご祝儀をいただいた方に
御礼をするため、
またご祝儀の数の確認が
行えるよう
ゲストに記入してもらうのです。

では、ゲストカードについては
どの位把握しているでしょうか。
ゲストカードも受付をした際に
記入するよう促されます。
最近の結婚式では
ゲストカードの利用も
増えてきています。
昔の結婚式には
なかったものなので
年配のゲストには
あまり馴染みがなく
何か分からない場合が
あるでしょう。
以下では、芳名帳と
ゲストカードの違いについて
詳しく見ていきたいと思います。

芳名帳とゲストカードの違い

まず、芳名帳とは
結婚式の受付にゲストが
入ってきたら、受付係が
受付を行うように案内し
氏名と住所を記入してもらう
ノートのような物です。
受付を行うのは
新郎側と新婦側に
分かれますので
芳名帳も二冊用意し
新郎側と新婦側で
一冊ずつ書いていただくのが
一般的です。
来場いただいたゲストを
管理するためのアイテムです。
後日お礼の連絡をしたり
記念品を送ったりなど
実用的に活用することも
ありますし、忙しい中
出席していただいたゲストの
名前はしっかりと把握して
おくというマナーですね。

この芳名帳のノートの
形式についても縁起が
良いように作られます。
裏写りしないように
表裏がなかったり
行って帰ってくることが
ないようにという意味で
ひっくり返さないで
書いていきます。
書く際にも縁起の良い
意味を込めて
紙の表面だけに
記入するというルールが
あるので日本人として
マナーとしてきちんと
覚えておきましょう。

ゲストカードも
利用する目的は
芳名帳の目的と同じです。
第一に、ゲストの出欠を
把握することです。
ですので、芳名帳と
ゲストカードは片方を
用意すれば良いのです。
芳名帳との違いは
デザインや形が豊富である
という点です。
芳名帳はどちらかというと
黒と白のシンプルな
デザインで筆ペンで
書くのが一般的です。
しかし、ゲストカードは
カードタイプで
カラフルなかわいらしい
デザインもあり
書き方のスタイルも
自由度が高くなります。
インターネットで
「結婚式 ゲストカード」で
検索してみると
最近のトレンドの
ゲストカードが沢山出ますので
イメージがつくかと思います。
年配のゲストが多い場合
芳名帳がないことに
戸惑うかもしれませんので
受付係に説明してもらうよう
事前にお願いすると
良いかと思います。

芳名帳やゲストカードを
選ぶ際は、デザインや
スタイルがノートと
カードと異なるために
どちらを使用しようかと
迷う方もいると思いますが
目的は同じなので
新郎新婦の好みや
ゲストの人数や
年齢などに合わせて
好きなものを選びましょう。

芳名帳とゲストカード
について、それぞれの
特徴の詳細を確認しましょう。

芳名帳

芳名帳は、別名
ゲストブックとも呼ばれて
いる結婚式アイテムです。
名前の通りノート型です。
芳名帳は長く主流なので
書き慣れている方が
多く、書き方で戸惑うことが
ほとんどないため
ゲスト数が多い結婚式の場合は
ゲストカードより
スムーズに受付できる芳名帳が
選ばれる傾向があります。

最近はゲストカードの
人気が高くなっていますが
高齢のゲストが多い場合
ゲストカードの形式に
慣れていないため
書き方が分からなかったり
書くのを忘れてしまうことも
ありますので、ゲストの
年齢層が高めの結婚式では
従来の芳名帳の方が
好まれるかもしれません。
ゲストカードは広い世代に
浸透しているわけではないため
書き方に戸惑って
お手間をおかけする事も
考えられますが
芳名帳であれば
どんなゲストの方にも
馴染みがあるのでスムーズに
受付を進められますので
受付係の負担も減り
列の流れが滞りなく行える
ため、受付での混乱も
きっと和らぐでしょう。
芳名帳の方が
ゲストに安心して
受付を済ませて
いただけるでしょう。

どうしてもシックすぎる
イメージのある芳名帳ですが
結婚式用であれば
最近は色々な種類や
デザインのものが
販売されています。
幅広くあるので
選ぶのも楽しいでしょう。
古いイメージがどうしても
あるかもしれませんが
最近はトレンドに合わせて
色々な柄や色、デザインの
芳名帳が作られているので
若い年代の結婚式でも
今でも根強い人気があります。
ノートなので、カードと違い
バラバラになることもありません。
結婚式後にも大切に思い出を
しっかりと取っておける
という点でもおすすめです。

また芳名帳の自作も可能です。
パソコンときれいな用紙が
あればゲストカード同様
容易に自作できます。
パソコンでデザインをしたら
用紙に印刷をしノートに。
印刷からノート型にする部分は
自宅では難しい部分があるので
印刷業者に依頼すると
色々な厚紙や厚手の和紙の
用意もある上、印刷に係る
相談にも乗ってもらえるでしょう。
業者に依頼する場合でも
ずれてしまったり
印字がにじんでしまったり
する可能性があるので
必ず余分に用紙は用意
しておくことをおすすめします。

ゲストカード

ゲストカードはまだ新しい
結婚式アイテムの一つです。
結婚式にも新しいトレンドが
次々と入ってきますね。
芳名帳の人気の根強さもあり
なかなかゲストカードを
利用する結婚式は芳名帳使用
の場合と比べるとまだ少ない
ので、見たことがない方も
いらっしゃるかもしれません。

このようにゲストカードに
触れる機会が少なく
慣れてない方が多く
名前と住所以外に
メッセージなどを書く
スペースが設けてあるなど
記入箇所が多いので
芳名帳よりも書くのに
時間がかかります。
そのため受付では
ゲストカードを渡し
受け取った後に
用意されたテーブルで
書いていただき
記入後再度受付係に
持って来てもらう
流れになります。
もしくは回収箱を
用意しておきます。
ゲストの数が多いと
ゲストカードに記入する場所
が混みあったりペンなどの
道具も多めに用意する
必要があるでしょう。
ご高齢の方やお子様用の
椅子も忘れずに
用意しておきましょう。

受付係をお願いする
お友達には
お願いするとともに
ゲストカードの記入や
回収方法について
ゲストに説明する
受付係のお仕事が
増えることになるので
事前にその旨も伝えましょう。
受付係も出席するゲストも
受付をスムーズに行えますね。

受付終了後から結婚式閉会まで
ゲストカードを保管しておく
箱を準備しておきましょう。
そのため、書いた後に
提出を忘れるゲストや
どこに出せばよいか
分からないゲストも
少なくありません。
また、カード型であるため
そのままだとバラバラに
なりやすく紛失しやすい
ということが考えられます。
大切なゲストカードの
管理方法をしっかりと
考えて備えたいですね。

ゲストカードについては
記入する箇所が
芳名帳よりも多いため
少々面倒に感じられる方も
いらっしゃるので
氏名と住所など必要最小限の
項目だけのゲストカードも
一緒に用意しておくと
良い印象です。
ご年配のゲストには
こちらのカードを渡して
あげると問題ないでしょう。

記入後の提出を忘れる防止策
として、記入テーブルに
回収箱の場所を目につくよう
案内しておくといいですね。

それでもどうしても
全てのゲストカードを回収する
のは困難かもしれません。
ですので、もし芳名帳ではなく
ゲストカードにしようと
決定した際は、ゲストカードと
一緒に出欠確認用のリストを
予め用意するのが安心です。
会場と受付にも共有します。
受付を進めながら
リストの出欠欄にチェック
することができて便利です。

ゲストカードの際は
筆ペンや太いサインペンは
にじんで小さなスペースに
書きにくい場合もあるかと
思いますので
細めのサインペンや
ボールペン、色ペンなど
メッセージが書きやすいよう
多数用意しておきましょう。
ゲストカードの予備も
大事なポイントです。
招待者人数の1/3程度
多めの数を用意しましょう。

芳名帳もゲストカードも
現在多くの種類が
販売されています。
デザインを重視したいと
思いますが、書いていただく
ゲストの目線で選ぶのを
忘れないでください。
年配の方でも読みやすい
印字の大きさどうか
書く項目が多くないか
悩まずに書きやすいか
など細かく確認しましょう。

芳名帳もゲストカードも
手作りもできますが
印刷の大きさやデザインに
凝ってみるのも良いでしょう。
芳名帳(ゲストブック)や
ゲストカードも結婚式の
思い出の一つとして
結婚式後もずっととても
大切なアイテムになります。
長く保存できるように
工夫するのがおすすめです。

芳名帳もゲストカードも
そのものが結婚式の
記念品として大事に
残せるのでお気に入りの物
が見つかるといいですね。

ブログトップ

Top