結婚式準備Tips

結婚式の披露宴会場コーディネート

img_blog?_結婚式場のコーディネート

今回は、お二人らしさを
結婚式で演出するために
必要不可欠な結婚式の披露宴会場の
コーディネートについて
考えていきましょう。

披露宴会場の雰囲気作りは
このコーディネートに
かかっていると言えます。
お二人の理想の結婚式の
イメージに最も近い会場に
するにはどのように
コーディネートを組み立てれば
よいのかみていきたいと思います。

結婚式場のコーディネートとは

結婚式場のコーディネート
とは、披露宴会場内の
セッティング全般を指します。
ゲストが会場に足を踏み入れた瞬間
どのような印象を持ってもらえるか
このコーディネートが重要です。
全体のトータルバランスを
考えながら、どのような
雰囲気の会場をセットするか
テーマカラーや備品小物の
形状やスタイルを決めます。
全体的にまとまりがないと
印象が弱くなります。
結婚式のテーマを
お二人の理想通りに
再現している会場作りが
好ましいでしょう。

お二人らしさを演出するため
結婚式場の担当者に
結婚式をどのような
雰囲気にしたいかなど
相談しておきましょう。

会場によっては
希望のコーディネート
に対応できない場合もあるので
最初の相談の時点から調整し
会場でできる範囲で
折り合いをつけながら
会場コーディネートの
プランを作っていきます。
もし難しい希望があるなら
会場選びの時点で
それが可能かどうか
確認しておくといいですね。

会場によっては
貸し切りで他の結婚式と
被らないような場所もあれば
一日に何組も結婚式を
挙げる場合もあります。
例えば、他の結婚式があるため
会場部屋の入り口にしか
装飾ができない所もあれば
外の玄関前に案内板を
飾れるなど、アレンジの幅が
大きく変わってくる場合がある
ことを把握しておきましょう。
その会場でできる範囲で
最高のコーディネートを
用意してゲストを
お招きしたいですよね。

その会場にとってベストな
お二人の演出を
一緒に考えて組み立てて
いけると理想ですね。
会場担当者の意見は
とても参考になりますが
自分たちがどうしたいのかを
はっきり持っておかないと
定番のオーソドックスな
タイプを提案される方が
多くなると思います。
まずは二人でよく話し合って
コーディネート一つ一つ
丁寧に心を込めて
結婚式を作り上げようという
気持ちが何より大切で
そのように準備されたのなら
ゲストにも必ず伝わります。
一つ一つ丁寧に
じっくり吟味していきましょう。

具体的な進め方

会場コーディネートについて
会場担当プランナーの方に
相談する前に決めておくことで
相談がスムーズになります。
何も考えないで行くと
会場側も困ってしまいますので
二人の理想の結婚式の内装は
どうしたいかイメージしましょう。
ここではできるだけ具体的に
絵でもイメージ画像でもいいので
意見やイメージの食い違いが
発生しないように
伝わる方法で相談することが
ポイントになります。

上でも述べましたが
披露宴会場のコーディネートは
思っている以上に
かなり強くゲストに
伝わるものです。
会場の色や雰囲気を見て
これから行われるお二人の
結婚式がどのようなものか
自然とイメージするものです。

どんな結婚式がしたいかは
お二人の間の問題かも
しれませんが、
どんな結婚式と思われるかも
大切なポイントですよね。
ゲストにもお二人の結婚式の
テーマが伝わるような
そんな会場を作れると
素晴らしい結婚式だと
思われることでしょう。

コーディネートと言っても
かなり幅があります。
ペーパーアイテムから
テーブルクロスや食器の色、
装飾花の種類など
挙げるだけでも
結構な数になります。

会場コーディネート以外に
本番までに決めなければいけない
項目がたくさんあるので
どう手をつけたらよいか
分からない方も多いです。
しかし、不安に思うことは
ありません。
相談する際には、担当者が
答えやすく聞いてくれるので
緊張せずに理想の結婚式を
言葉や絵にし伝えてみましょう。

会場コーディネートの
担当者との打ち合わせまでに
二人ででよく話し合って
会場コーディネートについて
方向性と意見を合わせて
おくようにしましょう。
会場に相談に行った際
そこで二人の意見の食い違い
があると担当者も困ってしまう
ので、聞きたい事が聞けるよう
二人の理想を一緒に
イメージしておくとスムーズです。

コーディネート基本色

コーディネートの色は
統一感があったり
合う色同士の
組み合わせにすると
会場が綺麗な印象です。

テーブルクロス、装花
椅子カバー、ナプキン
装飾、食器、グラスなど
の色で会場の雰囲気は
かなり変わります。

何色も組み合わせると
落ち着かない雰囲気に
なってしまうので
ある程度メインとなる
結婚式会場の
基本のテーマカラーを
決めましょう。

色のチョイスは幅広く
悩んでしまいますが
会場コーディネーターで
カラーコーディネーター
の資格を持っている方も
いるので相談しましょう。
資格がない担当者でも
かなりの結婚式の数を
経験されているので
参考になるでしょう。

また、会場側では
対応可能な色が
決まっている
場合が多いです。
いくつか選択できるよう
準備されているので
会場と二人のご希望に
折り合いを付けて
決めましょう。
お二人で用意できるものは
できるだけ会場に任せるのでは
なく、手間を惜しんでも
自分たちで用意すると
より理想の結婚式を
作ることができるでしょう。

コーディネートの決め手

会場コーディネートを
決めるのに必要なのは
テーマカラーの決定だけ
ではありません。

理想の会場の雰囲気を
エレガントやかわいく
といったように二人の
言葉で表現しましょう。
それをキーワードに
会場担当者が
コーディネートを
提案してくれます。

思いついた二人の言葉で
良いのです。
難しく考えずに
イメージをまずは
単語に置き換えましょう。
いくつか髪に書き出したら
その単語同士を
組み合わせていくのです。
書き出すことで
二人ともの希望以外の
キーワードを除外でき
希望の結婚式のイメージを
つなぎ合わせることで
どんどんキーワードが
膨らんでくるでしょう。

いくつか挙げたら
種類別に分けて
グループ化してみましょう。
似たようなものは
他の言葉に置き換えて
一つにまとめたりすると
たくさんのキーワードが
揃うはずです。
より多いキーワードや
似た言葉が
お二人の求める
理想の結婚式を
表す言葉となりますから
それらで会場のイメージを
作っていくのです。
出た言葉を繋げてみると
さらにイメージを
膨んできますよ。
出てきたキーワードを元に
担当プランナーと会場の
出来上がりイメージを
話し合いましょう。
きっと理想の雰囲気を
作り出すことができますよ。

テーブルコーディネート

テーブルコーディネート
でアレンジしやすいのは
装花やキャンドルです。

テーブルコーディネート
に役立つアイテムをご紹介
したいと思います。

装花を飾る

各テーブルの上に置く
お花はコーディネート
に役立ちます。
パステルカラーの
明るい色の花を束ねると
テーブル上が
ごちゃごちゃせず
まとまりがあり
明るいイメージです。

人気の花の色は
・白
・薄いピンク
・黄色
・薄いラベンダー
です。

やさしい雰囲気、
華のある雰囲気、
ゴージャスな雰囲気、
テーブルに添える花は
大きなイメージを
作り出してくれます。
全体の雰囲気と
マッチしているかも
考えながら
コーディネートして
みると統一感が出ます。

果物を飾る

テーブルに飾れるのは
花だけではありません。

コロコロとした
小ぶりのレモンや
オレンジも可愛い
コーディネートです。
白と黄色の小花などと
一緒に添えて
ヘルシーでフレッシュな
印象が作れます。

ベビーパインも緑と
一緒に飾ると映えます。
こちらも可愛いです。

小さなリンゴも
グリーンの草木の
装花と一緒に飾ると
少し大人なイメージに。
花よりもかわいらしい
ナチュラルな
テーブルに仕上がるので
色々と検討してみてください。

キャンドルを飾る

どんなテーマの結婚式
にも合う定番のアイテム
はキャンドルです。

ブロックキャンドルの
周りにお花や緑の装花を
飾ったり、小さな
キャンドルを並べると
テーブルの上が一気に
おしゃれに決まります。

キャンドルにも
様々なデザインが
あるのでイメージに合う
キャンドルを
探してみてください。
キャンドルの火は
温かみがあり
情熱も表します。
大人な雰囲気の会場に
ぴったりのアイテムですよ。

これもあり!アイテム

プレゼントボックス

箱を土台に装花や
キャンドルを飾ると
高さが出せて整います。

バードゲージ

鳥かごです。
洋画のような世界観を
表現できます。
中に装花やリボンを飾る
とおとぎ話の世界観に。

こうやって考えると
可愛らしいアイテムや
おとぎ話にありそうな物を
自宅でテーマとテーマカラー
に合わせて飾ってみて
みることで全体的なイメージ
が合っているか
一部だけが際立っている事が
なくバランスが取れているか
を確認しておくと良いです。
こんなイメージじゃなかった
とだいぶ決まってからだと
決めなおすのは大変で
決めなおす時間がないかも
しれないので
前もって二人のイメージを
具現化することで
そのリスクを回避できるでしょう。

会場コーディネートは
結婚式の披露宴で
基本となる重要な要素。
二人の希望の結婚式を
実現させるためにも
二人らしさを出せるよう
どのようなコーディネート
で会場を飾るかを
話し合いましょう。

結婚式の大半を過ごす
披露宴会場の
コーディネートは
お二人の結婚式を
視覚化してくれます。
大変かもしれませんが
一つ一つこだわりを持って
お二人らしい結婚式を
表現してくれる会場作りを
心がけてください。
必ずゲストにも
その想いが伝わり
全体的にまとまった
結婚式だなと印象を
持っていただけるでしょう。
何よりお二人が
楽しく会場を作っていく
ことが重要なポイントです。

ブログトップ

Top