結婚式準備Tips

結婚式余興の企画準備、依頼時の注意点

img_blog3_結婚式余興の企画準備

結婚式を挙げるご友人から
披露宴での余興を
頼まれて「何をしよう…」
と悩んでいる方の
参考になればと思います。
または、これから結婚式を
挙げる予定で余興を
お願いする前に、どのような点に
気を配って余興を依頼すべきか
についてもまとめましたので
余興をする方、お願いする方
に向けて、書きたいと思います。

結婚式余興の企画準備の
スムーズな段取りを
見ていきたいと思います。

余興係も楽しく準備を

結婚式で仲の良い友人である
新郎新婦から結婚式の余興を
任せたいと依頼された時
余興で何をするかや
企画や準備の手順をどうしたら
よいのか戸惑うかもしれません。

結婚式の余興は中盤から後半に
予定されることが多く
主役の親族を含め多くの人の
注目を集めますよね。
大切なお友達の結婚式を
左右する重要な役割ですから
緊張と戸惑いはあるでしょう。

しかし、そんな大切な役割を
依頼されたあなたはきっと
主役の新郎新婦の二人にとって
本当に心から信頼できる
大切なご友人であると
思われている証拠ですから
自信を持って任務を果たし
この先長い人生において
お互いかけがえのない存在
となれるよう準備しましょう。

はじめは戸惑うかもしれませんが
任せてもらえた新郎新婦のために
余興係を引き受けてみてください。
結婚式余興の企画準備の手順と
どんな余興が喜ばれるかを
重要視してアイディアを出して
いけば、きっと新郎新婦が喜ぶ
楽しい結婚式の一場面に
なるはずですよ。

企画の大切なポイント

余興を企画する上で大切な
ポイントを整理しましょう。

誰もが楽しめる

新郎新婦だけではなく、
ご両親や親族の方々、
出席する全ての人が
楽しめるテーマにします。
年齢性別を問わず分かりやすく
盛り上げるには、どのような
余興が楽しませることができるか
できる範囲でグループ全員で
アイディアを出し合いましょう。
もちろん、余興係となった
あなた自身も楽しみながら
準備すると気持ちが伝わります。

持ち時間以内が大前提

披露宴は、時間にとてもシビアです。
一分一秒でも進行が遅れないように
会場担当者は仕切りを行います。
大切な結婚式のプログラムに
遅れが発生すると他のプログラムを
短縮することになってしまいます。
余興が持ち時間をオーバーして
しまわないように十分に配慮する
ことはとても重要なのです。

心のこもったもの

披露宴は主役である新郎新婦は
もちろんですが、ご家族にも
一生の記念になる大切な催しです。
あなたに余興をお願いして良かった
と思ってもらえるように
誰もが幸せな気持ちになれるような
余興をプランニングしましょう。

事前確認すべきこと

余興を企画する上で
事前に依頼してくれた新郎新婦に
必ず確認すべきことをまとめます。

持ち時間はおおよそ〇分位で
頼めるかと声がかかれば
その時間内に収まる余興を
しっかりと考えましょう。

しかし、多くの場合
余興の内容は頼まれた担当者に
委ねられる場合があります。
そのような時には、
時間についてはこちらから
「〇分位だが問題ないか」と
事前に承認をもらいましょう。

余興に充てられる時間を確認後
余興の内容を決めていきます。
グループ、または
個人で行う際は個人で
アイディアを出しましょう。

何度も言いますが、披露宴の中盤に
余興が盛り込まれる場合がほとんど。
本番は計画通りにオンタイムに
全てがスムーズにいくと限りません。
余興が大切な時間をおさないよう
最大限配慮するようにしましょう。

余興準備スケジュール

依頼を受けてから本番までの
日数によりますが、
直前に依頼されることはないので
余裕をもって早めに準備します。

個人で余興を行う時は
準備や練習は一人でできますね。
企画段階でどんなことができるか
それが出席者を楽しませられるか
考えて、必要な物を用意したり
練習をしたりしましょう。
直前に焦らないように
前もって用意と練習を行います。

グループで余興を担当する際は
個人で行うよりも入念な
スケジュール管理が重要です。

まずはどのような余興にするか
できるだけ早めに決まると
準備や練習に時間を多く
確保できるでしょう。
なかなか全員が集まって
話し合うことが難しければ
メールやグループライン
を使ってアイディアを出し
内容を決定させましょう。
グループ全員でなるべく多く
アイディアを出し、検討し
なるべく早く余興の内容を
決めていきましょう。

なぜなら、グループ練習には
時間が必要だからです。
必要な準備物がわかれば
協力して用意すれば
早く用意することはできますが
数人が集まって練習する時間を
作るのはなかなか難しいです。
社会人となると余計に
時間を合わせるのが難しい
のは分かります。
しかし、大切な披露宴に
練習なしで本番を迎えないこと
は礼儀として守りましょう。
早めに日程を調整して
ぶっつけ本番とならないよう
全員が責任を持ちましょう。

新郎新婦に確認すること

披露宴の主人公である新郎新婦に
余興を行う上で重要な点を
必ず確認するようにします。
いつ確認すればよいのかですが
それは余興の内容が決まった時です。

会場と設備

会場の広さや余興のスペースと位置、
余興の登場退場場所、
マイクの数からスクリーンの有無
といった会場設備を確認します。
マイクの数やスクリーンの数は
余興を行うのに足りるかなど
機器の使用可否は詳細も
必ず確認しておきましょう。
会場費用として料金が発生するので
これがしたいと余興の都合でばかり
考えるのではなく
会場の様子を聞いてその余興が
実施可能かどうかを考えます。
難しそうだと分かったら
気持ちを切り替えて
可能な余興を速やかに
再度企画しましょう。

控室と道具保管場所

余興を行う上で着替える場所や
余興に必要な道具を保管する場所、
衣装道具を事前に会場宛に郵送可能か
など、当日スムーズに動けるよう
予め確認しておきましょう。

リハーサル

余興のリハーサルできるか
を前もって聞いておきましょう。
大抵の結婚式場であれば
リハーサルの時間を
確保してくれるでしょう。
リハーサルは本番数時間前に
行うのが一般的なので
会場入りも早めになります。
集合時間を確認しましょう。

ぶっつけ本番は難しいです。
会場担当者も気になる点なので
リハーサルについてもし
気になることがあれば
新郎新婦を通して
相談しておくと良いですよ。

余興アイディア

喜ばれる余興とはどのような
内容かきと悩むことでしょう。
ここでは、余興の定番であるもの
から筆者がこれまで実際の
披露宴で見てきたものを
まとめてみたいと思います。

歌とダンス

氣志團やEXILE、AKB48、
ももクロなどの人気グループ曲、
ドラマ「逃げ恥」の恋ダンスや
DA PUMPのUSA Danceといった
流行りの音楽やダンス。
多くの方が見聞きしているものは
会場全体が盛り上がりますよ。

楽器演奏

ピアノやバイオリン、ギター、
ハーモニカなど楽器を使った
演奏も多いですね。
練習も相当頑張らないと
いけないので、
練習時間の確保に気を付けます。
選曲も大事なポイントです。
あまりしんみりとしないように
バラードやクラシックよりも
盛り上がる楽しい曲にしましょう。

余興ムービー

最近特に多く見られるのが
お手製の余興ムービーです。
余興を行うグループが実際に
新郎新婦との思い出の場所、
(例えば中学校の同級生同士なら
中学校の教室に入らせてもらい
撮影を行ったり、など)
こっそり両親へインタビューしに
行ったり、同級生なら
思い出の学校に行ったりし
ムービーを撮影し映像を作る
この余興ムービーですが、
ここ3件立て続けにありましたね。
しかも新郎側新婦側とも
余興ムービーだったりと
人気の程がうかがえます。
ムービーに新郎新婦への
メッセージも盛り込めるので
心のこもった映像に涙する
瞬間も多くありましたよ。

撮影は自分たちで行い、
映像編集は制作会社へ依頼する
パターンがほとんどです。
コンパクトデジタルカメラや
スマートフォンで簡単に誰でも
ビデオ撮影ができる時代です。
ただし、制作会社に編集を
頼む場合は費用がかかるので
グループで予め相談しましょう。
作った映像の当日の担当者への
受け渡し方法やスクリーンの
場所と数を確認しましょう。

一発芸

これまで大道芸を披露する方や
ヲタ芸ダンス、手品、
流行りのお笑い芸人の物まねで
新郎新婦との思い出話を語る、
といった余興も
仲の良い新郎新婦の二人を
よく知るからこそできる余興です。

余興を頼まれるのは、
信頼されている証拠です。
できれば快く引き受けて
余興を行う方も一生の記念に
なりますので、楽しみながら
余興を担当していただけると
新郎新婦のお二人も
安心して披露宴の準備を
行うことができるでしょう。
友情もさらに強くなるでしょう。

ブログトップ

Top