結婚式準備Tips

結婚式の開演時間帯、いつがいい?

img_blog4_結婚式の開演時間帯の決定

結婚式を一日のうちの
どの時間帯で執り行うか
しっかりと考えてみた
ことはあるでしょうか。
結婚式の時間帯は
何時くらいがベストなのか
悩むところですよね。
時間帯によって
お二人とゲストの当日の
行動が決まってきますし
結婚式会場の料金が
変わる場所もあります。
結婚式の開演時間帯の決定方法は
大事なポイントにもなるので
どの時間帯が一番いいのか
お二人で考えてみましょう。

希望の結婚式場が見つかったら
会場の仮予約をスムーズに
行いたいですよね。
決め事で悩んでいるうちに
会場の空きがなくなってしまう
ケースも考えられますからね。

今回のテーマである
結婚式の開演時間帯には
午前、午後、夕方といった
主にこの3つの時間帯が
結婚式場で設けられている
場合が多いです。
夕方に開演する結婚式は
受け付けていない会場も
ありますので候補の
結婚式場をリストアップする際
可能な開演時間帯についても
事前に調べておくと
再度調べなくてよいので
良いかと思います。

結婚式の会場を仮予約を行って
会場を確保するにあたり
結婚式の開演時間帯を決めますが
午前、午後、夕方のいつの
時間帯が良いのか
迷うところですよね。
いつの時間帯に行うかで
結婚式のイメージや
お二人やゲストの当日の
スケジュールにも
大きく影響する項目なので
よく考えて決定するように
しましょう。

今回は開演時間帯ごとの
メリットをそれぞれ
比較していきたいと思います。
結婚式の開演時間帯の検討に
役立てていただけると幸いです。

開演時間帯の決定

結婚式を午前、午後、夕方
のいつ頃に始めるか
決めましょう。
結婚式場を予約しようとすると
人気な時間帯は会場の空きが
少なくなっているため
早い段階でお二人の希望の
開演時間帯を確認し合って
おくことで、意見の不一致
を防ぐことができますし
その後決めなければいけない
事の決定や準備をスムーズに
行うことができ、
仮予約もいいなと感じた会場と
巡り合った時点ですぐに
行うことができます。
結婚式といってもお二人が
結婚式に抱くイメージが
朝開演なのか、午後なのか
意外と異なっているケースが
見受けられます。
イメージのすり合わせは
重要ですので、結婚式について
詳細を決めていく前の段階で
話し合っておきましょう。

さて、本題に戻りますが
結婚式の時間帯の決定は
重要な要素です。
なぜなら、
多くのゲストが出席しやすい
時間帯があるからです。
また、お二人の理想の結婚式を
叶えるためには、いつが
ベストな時間帯であるかも
関わってきます。
結婚式のテーマを決めて
どのような結婚式にしたいかが
決まれば、その開演時間帯で
良いのかどうかも分かります。

ですので、ある程度
イメージがつかめてきたら
問題となってくるなのは
各時間帯ごとの結婚式会場の
空き具合になってくるのです。
結婚式場にもよりますし
会場の空き状況にもよりますが
実はそれぞれメリットと
デメリットがあるのは
ご存知でしょうか。

結婚式の開演時間帯に関して
いつの時間帯であれば一番
お二人がつくりたい結婚式の
イメージと合うか、実現できるか
を考えてみてください。

午前中の結婚式

下記は、午前開演の場合の
結婚式のタイムスケジュールの
一例です。会場によります。

挙式受付:9時半 ※親族は9時集合
挙式:10時~10時半
披露宴:11時~13時半
二次会:16時~18時

午前開演のメリット

午前中に開始するメリットは
・遠くからのゲストが当日帰宅可能
・帰宅が楽
・日曜日開催でも参加しやすい
・披露宴が昼食の時間帯で丁度いい
・大安の午前中は縁起が良いとされる
・夕方の二次会まで胃腸が休める

午前開演のデメリット

・披露宴後二次会まで長時間待つ
・ゲストは早朝から準備が必要
・開始に間に合わないゲストがいる
・遠くからのゲストは前泊が必要

午後の結婚式

下記は、午後開演の場合の
結婚式のタイムスケジュールの
一例です。会場によります。

挙式受付:12時半 ※親族は12時集合
挙式:13時~13時半
披露宴:14時~16時半
二次会:18時~20時

午後開演のメリット

・余裕を持って準備、移動が可能
・遠方のゲストが前泊なしで良い
・二次会への流れが効率的

午後開演のデメリット

・食事の時間帯が中途半端になる
・二次会参加の遠方のゲストの宿手配
・二次会後帰宅が遅く日曜日は厳しい
・人気の時間帯で会場の空きが少ない

夕方の結婚式

下記は、夕方開演の場合の
結婚式のタイムスケジュールの
一例です。会場によります。

挙式受付:15時 ※親族は14時半集合
挙式:15時半~16時
披露宴:17時半~19時

夕方開演のメリット

・準備の時間に余裕が持てる
・夕暮や夜景がロマンティック
・披露宴がディナーの時間帯に合う
・仕事終わりにゲストが参加できる
・会場によって夕方は費用がお得

夕方開演のデメリット

・年配やお子様連れゲスト出席しにくい
・宿泊の手配が必要
・帰りタクシーなど交通の手配が必要

午前、午後、夕方の各時間帯は
それぞれ結婚式において
メリットもあり
デメリットもあるのだと
理解していただけたと思います。
どの時間帯が一番良いという
答えはありません。
ゲストの気持ちとお二人が
実現したい結婚式を考慮して
いつの時間帯がベストなのか
よく話し合ってみましょう。
ご両親やご家族の意見にも
耳を傾けてみるのも大事です。
時間帯によって、できる演出
の種類も異なってくるので
絶対にやりたい事がちゃんと
できるかとゲストの一日の
動きを想像力を持って
考えるのが、ポイントです。

さらには、開演時間帯によって
新郎新婦のお二人の動きも
変わってくてしまいます。
結婚式の時間帯を決めるのは
重要な要素です。
タイムスケジュールや
必要な部屋の数、用意する
お車代の額など費用にも
関係してくるため
上記でいかに大切な要素か
述べた事を理解していただける
と思いますので、懸念事項や
心配事がある場合は
検討中の結婚式場の担当者に
相談することをおすすめします。

開演時間帯決定のまとめ

何度も述べておりますが、
結婚式の開演時間帯をどの
時間帯を決定するにあたり
一番重要なことは何よりも
ゲストを優先に考えることです。
招待するゲストが置かれるで
あろう状況を想像しましょう。
プラスアルファでお二人が
どのような結婚式にしたいか
お二人の叶えたい結婚式との
折り合いを考えて決定すると
お二人もゲストもハッピーな
一日となることでしょう。

結婚式の希望の開演時間帯を
決定できましたら、最終的な
結婚式場の空きの確認と
仮予約になってきます。
午前開始はとても人気なので
希望の日取りとその時間帯に
会場の空きがあるかを
確認していきましょう。

午後開始の結婚式は
午前中の結婚式の後に
行われることになります。
結婚式場側で午前と午後で
新郎新婦やゲストの同線が
バッティングしないように
スケジュールが組まれて
いるのが一般的ですが
午前の結婚式の片づけが
入るため午後開始の際は
早めに来られたゲストが
くつろいで待てるように
待合スペースを確保すること
をおすすめします。

夕方開始となる結婚式は
食事の時間帯と合うので
ちょうど良いかなという
メリットはありますが
交通の利便性を考えると
遅くなると電車がなくなり
帰れなくなるゲストも
出てくるでしょう。
ロマンティックな雰囲気が
特徴の夕方開始の結婚式ですが
ゲストもお酒が進んで
なかなかクローズができない
場合もあるかもしれません。
お子様連れや年配のゲストには
特別に配慮しましょう。
ゆっくりくつろいで
お祝いしたいという想いに
応えられるような
サービスと気配りを
優先させることが大切です。

費用も準備時間もかかって
結婚式準備は大変です。
ですので、どうしても
お二人の希望の結婚式を
実現することに気が行きがち
ではあるかと思いますが
開始時間帯一つにしても
ゲストにとっては結構重要な
要素になります。
開演時間帯の決定はお二人の
理想の結婚式と
招待するゲストへの心配りを
バランスよく考慮した上で
決めることが大事です。
誰もが快く過ごせる結婚式に
したいものですね。

会場の空き具合にもよると
思いますが、なるべく
ご出席いただいたゲストの
多くの方が無理なく出席でき
楽しんでいただけるような
結婚式となるように、しっかりと
お二人で話し合って決めましょう。

ブログトップ

Top